2015.02.20

オーストラリア人記者が見たサッカー日本代表。「緩い」

  • 栗原正夫●文 text by Kurihara Masao
  • photo by Matsuoka Kenzaburou

 振り返ればUAE戦。日本最後のPKキッカーとなった香川真司が自信なげにスポットに向かう姿を見て、「外しそうな雰囲気があった」と言ったオーストラリアの記者は少なくなかった。

 気持ちで試合に勝てるわけではないが、気持ちがなければ勝てないと思うのは、国内も海外も一緒。アジアカップを精力的に取材していた2人のオーストラリア人記者が指摘するように、技術で勝り、支配率で上回ったとしても、試合に負けたら意味がない。

 日本は少しばかりボール回しに酔っていなかったか。ならば日本にとって、アジアカップ敗退は、サッカーの本質を見つめ直すうえでいい機会だったのかもしれない。

緊急特集「よみがえれ! 日本サッカー」>

関連記事