2015.01.13

快勝も呆れるほど雑な内容。アギーレJ初戦の問題点とは

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki 原悦生●撮影 photo by Hara Etsuo

 キャプテンの長谷部誠は「勝てたことはよかったが、満足できるレベルのゲームはしていない」とし、こう語る。

「とくに後半は小さなミスが、僕も含めて多かった。試合を通して集中してやり切ることができなかった」

 長谷部はとくに後半のミスの多さを指摘したが、実際のところ、前半もミスが少なくなかった。

 本来チームを引っ張る存在となるはずの本田圭佑にしても、簡単なパスをミスしてボールを失ったり、きちんとボールを止めればシュートに持ち込める場面でトラップをミスしたりと、かなり出来は悪かった。

 また、同じく香川真司もせっかくいいタイミングでボールを受けて前を向いても、単調なパスを繰り出すばかり。目の前のスペースを利用して自ら仕掛けるようなプレイはほとんど見られず、攻撃を停滞させる要因にさえなっていた。

 昨年行なわれた親善試合で、香川はどちらかと言うとゴール前に入っていく意識が強く、結果として中盤を空けてしまうことにつながっていたが、今度は針が逆方向に振れ過ぎてしまった印象を受ける。

 昨年の反省を踏まえれば、香川のプレイは「悪くなかった」と言えるが、あれだけパサー然と振る舞うのであれば、インサイドMFが香川でなければいけない理由はなくなってしまう。

 日本代表の背番号10が高い能力を保持した選手であることは間違いないが、その能力は、果たしてインサイドMFの適性に合ったものなのか。これから先の試合を通じて見極めていくことになるだろう。

 貴重な追加点を決め、試合の流れを引き寄せた岡崎慎司は言う。

「もしヤット(遠藤保仁)さんのミドルシュート(先制点)が入っていなかったとしたら、自分たちで我慢してサッカーを続けなきゃいけなかった。そういう意味では今日の1試合だけではまだまだ分からない」