2014.10.15

岡崎慎司が語る「センターフォワードとしての覚悟」

  • 飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

「結局、人数を掛けて攻撃しているときに奪われて、カウンターからスルーパスを通されてやられてしまっている。それが残念。相手が前に3人残っているのに、こっちも後ろが3人ぐらいしかいない。そうではなく、後ろに5人ぐらい残しておけば、いったん引いてしまうことができる。それには前が2、3人で勝負しなければならないから、個の能力を上げないといけない」

 ザックジャパンのときは、相手が格上でもチャンスの数を増やすことでゴール数を増やし、勝利を目指した。一方、アギーレジャパンがしようとしていることは、その逆。格上相手にチャンスを与えず、ワンチャンスをモノにして勝つことを目論んでいる。

 それには、センターフォワードである自分が数少ないチャンスを決めないことには成り立たず、フォワードがしっかりゴールを決めなければ、チームメイトは割り切って守れないことを岡崎は分かっている。世界における日本の立ち位置と同様、ブンデスリーガで決して強豪とはいえないマインツでゴールを量産しているという自負もある。

「リスクマネジメントをもっと強くしないといけないし、逆に点を取るべきチャンスに取らないと。フォワードとしてはそこしかない。そこに尽きると思います」

 岡崎は、「自分たちは歩み始めたばかり。何も変える必要はない」ときっぱりと言った。アギーレジャパンを背負う覚悟が、今の岡崎慎司にはある。

関連記事