2014.09.23

【なでしこ】不安と問題だらけの決勝トーナメント進出

  • 早草紀子●文 text by Hayakusa Noriko
  • photo by REUTERS/AFLO

 若手選手には一応の評価を下しながらも、「物足りない」と佐々木監督は本音を漏らす。各選手についてはその可能性を十分に理解しての招集だ。もちろん、この状況ならこの程度のパフォーマンスはしてくれるだろうという計算がある。監督が求めているのは意外性ではないだろうか。ここまでの戦いで指揮官の予想をいい意味で裏切る選手は出てきていない。得点シーン、そのほとんどの中心が宮間、川澄、阪口といった中堅選手だ。

 今、日の丸をつけている若手選手たちが来年のワールドカップを“明確”に目指しているのなら、現状のパフォーマンスでは生き残れる可能性は少ない。一歩一歩確実に積み上げなければならない戦術と、佐々木監督の言う「大胆なプレイ」とは別物だ。

 中心選手に合わせることだけで精一杯なことも理解できるが、そこからさらにもう一歩も二歩も踏み出した“大胆”なトライが欲しい。彼女たちが張り合うのは常に国際舞台に身を置くヨーロッパ組であり、経験豊富な国内組なのだ。戦術理解で浅くとも、これまでのなでしこにない発想を披露すれば、新たな可能性として指揮官に印象づけることもできる。

 第2戦の爆発力のおかげで1位通過となり、格下の相手が予想される準々決勝。この段階で自信あるプレイが確立できていなければ、格段にレベルアップする準決勝以降の相手に通用するとは思えない。準々決勝までの中3日。過去にないくらいの発奮を期待したい。

関連記事