2014.09.14

ガーナ戦後半は無得点。ここから学ぶ若きなでしこの課題

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

【前半スタート時メンバー】     【後半スタート時メンバー】
GK 海堀あゆみ(INAC神戸)   GK 山根恵里奈(ジェフ)
DF 有吉佐織(日テレ・ベレーザ) DF 有吉佐織(日テレ・ベレーザ)
DF 北原佳奈(アルビレックス)   DF 北原佳奈(アルビレックス)
DF 長船加奈(ベガルタ仙台)   DF 長船加奈(ベガルタ仙台)
DF 臼井理恵(浦和レッズ)     DF 臼井理恵(浦和レッズ)
MF 宮間あや(湯郷ベル)     MF 木龍七瀬(日テレ・ベレーザ)
MF 阪口夢穂(日テレ・ベレーザ) MF 猶本光(浦和レッズ)
MF 川澄奈穂美(INAC神戸)   MF 川澄奈穂美(INAC神戸)
MF 中島依美(INAC神戸)     MF 中島依美(INAC神戸)
FW 髙瀨愛実(INAC神戸)    FW 菅澤優衣香(ジェフ)
FW 増矢理花(INAC神戸)    FW 吉良知夏(浦和レッズ)

 後半は一気に若手を登用。体調不良の岩清水梓(日テレ・ベレーザ)以外の全員がピッチで試された。しかし、前半の大量失点で自陣に引いてしまったガーナ陣営はドン詰まり。ボールを回してみても、食いついてこないためにスペースがなかなか見出せない。後半の方が難しい戦いであったことは間違いない。

 後半、ボランチに入ったのは前半は中盤の右サイドを担っていた中島。成長が期待される猶本光(浦和レッズ)とコンビを組んだ。キレキレのボランチからパスを受けていた前半との違いを最も実感したのがこの中島だ。

「(後半は)サポートも遅かったし、もっとダイレクトパスとかでリズムをつけたかったんですけど......。(味方も)上がれてしまうので、逆に入り過ぎたのかもしれません」と反省しきり。その少ない裏のスペースを狙い続けたのが菅澤優衣香(ジェフ)と吉良知夏(浦和レッズ)の2トップだ。

「どちらかが抜く動きをしたら、もう一人は受けるという形は話していた。相手のプレッシャーも速かったので前を向くことが出来ず、ボールをはたいてからのプレイになってしまった」と菅澤。指揮官から再三指摘を受けているシュートへの積極性についてはアジア大会でさらに思い切ったトライを見せる必要がある。

 日本はこの試合で中盤を完全に支配するも、フィニッシュ、パス、コントロールの精度を欠き、後半だけで15本ものシュートを浴びせながら、結局ゴールを割ることはできなかった。

 そして、改めて親善試合のマッチングの難しさを痛感させられた。相手のコンディションもあるので、常に競り勝つ環境を作り出すことは不可能だ。国際大会を前にした壮行試合は勝って勢いをつけたいが、大勝もいただけない。ガーナ戦は5-0で日本の圧勝だったが、弊害も多かった。