2014.09.06

日本サッカー界にはアギーレより心配なことがある

  • 杉山茂樹●取材・文 text by Sugiyama Shigeki 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 選手のプレイより、僕はむしろそちらの方が気になる。結果至上主義と言うのなら、敗れた時は、思い切りブーイングを送るべきなのだ。選手、監督に思い切りプレッシャーを掛けるべきなのだ。

 日本サッカー界はいろいろな意味で変わるべき時を迎えている。「惨敗」には薬となる要素も十分に含まれている。アギーレのサッカーより、まず心配になるのはこちら。商売の都合を優先するメディアであり、仏のように怒らないファンであり、そして4年間を有効利用できない協会だ。

 日本のサッカー界には、今度こそ、悔いのない4年間を送って欲しいものである。

関連記事