2014.06.08

課題噴出のザンビア戦は、W杯初戦に生きる

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki 松岡健三郎●撮影 photo by Matsuoka Kenzaburo

 今回のメンバーには4年前の南アフリカ大会を経験している選手も多く、連勝が続いていても、よもや緩んだ雰囲気で本番を迎えることなどなかったとは思う。それでも、ワールドカップに出場できないザンビアを相手に、どこかフワッと試合に入って失点を重ねたことを考えれば、油断がまったくなかったとは言い切れない。

 ザッケローニ監督も「ここまで動きがよく、力があるというのに、(ザンビアを)過小評価してしまった可能性はある」と振り返る。

 内容のともなった勝利で締めくくり、ブラジルへ渡ることはできなかった。だが、こうしてW杯本番直前に、ザンビアに「冷や水」を浴びせられたことを、むしろプラス材料と考えたい。

関連記事