2014.06.02

ザックジャパンのワントップの座を手にするのは誰か?

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi photo by Getty Images

 また、ラストピースとしてチームに加わった大久保は、途中出場したキプロス戦で、前線での迫力やゴールに向かう姿勢を打ち出した。

 ただし、さすがにこのチームでのプレー機会が少ないため、縦パスを入れるタイミングやクロスの入れ方などで、周りと合わない場面が頻発。「周りと話して、どんどん要求しているところ」と言う。

 指揮官の言葉とは裏腹に、今合宿では「ワントップ、1回もやってない」と明かし、トップ下で練習しているようだが、キプロス戦を終えて「やれるなという自信が強くなった」と力を込める。

 三者三様のワントップ像――。コスタリカ戦ではチームの仕上がり具合、選手それぞれのコンディションに加え、熾烈なワントップ争いの動向にも注目したい。

関連記事