2013.10.16

ザックの指揮能力の限界?日本代表は「重症」である

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by AFLO

 ザッケローニ監督は「自信を失うために(ヨーロッパ遠征へ)来ているわけではない」と言うが、おそらく選手たちは悩んでいる。

 にもかかわらず、先発メンバーを変えることもなく、同じ顔ぶれでプレイする時間を増やし、ひたすら熟成を待つだけのチームづくりでは、「停滞の先の進歩」はない。

 たとえば、ベラルーシ戦では、途中出場のDF森重真人やMF山口螢が堂々としたプレイを見せた。彼らのような存在をもっと「チームの活力」にしていいはずだ。

 悩めるチームの舵取りは監督の責務。ワールドカップ本番まで8カ月に迫った今、ザッケローニ監督のチームマネジメント力が問われている。

関連記事