2013.10.12

セルビア戦0-2も当然。勇気を失ったザックジャパン

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 最終的な勝敗はともかく、このくらいの相手ならばもっとボールポゼッションで上回り、優勢に試合を進められていい。実際、何本もパスをつないで攻め、一度はね返されてもセカンドボールを拾って攻め直す、そんな時間帯をわずかだが作ることもできていた。

 ザッケローニ監督は試合を前に「アウェーゲームであろうとも、いつも通り『勇気とバランス』を持って試合をしようと選手たちには話をした」という。そしてまた、「選手はその通りにやってくれた」とも。

 しかし、その言葉を素直に受け取ることは難しい。同じ無得点で終わるにしても、恐れることなくパスをつなぎ、もっと試合を支配することはできたはずだ。

 この敗戦の原因を「決定力不足」で片づけてしまったら進歩はない。

関連記事