2013.09.13

柿谷にも大迫にも、合格点はあげられない

  • 山添敏央、佐野美樹●撮影 photo by Yamazoe Toshio,Sano Miki

グアテマラ戦、ガーナ戦とノーゴールに終わった柿谷曜一朗。グアテマラ戦、ガーナ戦とノーゴールに終わった柿谷曜一朗。
 あとは、前述した柿谷を含めて、改めて1トップの選手には積極性を求めたい。確かに柿谷は、本田圭佑と香川とのトライアングルにおける連係、ポストに入るタイミングや、彼らとかぶらないようなスペースへの動き出しなど、ふたりの動きをよく研究して、効果的な役割を果たしていると思う。でも、ガーナ戦ではシュートゼロに終わった(グアテマラ戦は1本)。

 個人的な考えでは、相手が恐れない、怖さがないFWは、代表のFWにはいらないと思っている。ガーナ戦で途中から出場した大迫勇也にしても、自ら仕掛けてチャンスを作りながら、本田にスルーパスを出してしまったシーンがあった。大迫は天を仰いで悔しがっていたけれども、Jリーグの試合であれば、間違いなくシュートを打っていたはずだ。

 要は、柿谷にしろ、大迫にしろ、周りの選手に気を使い過ぎている。欧州の若いFWだったら、本田や香川を平気でおとりに使って、どんどんシュートを打っていると思う。そのほうが相手にとっては脅威だし、それぐらいの積極性が彼らにもほしい。FWであれば、自らのシュートチャンスで周りの選手のことなんてまったく気にする必要はない。シュートを打たずに後悔するくらいならなおさらで、得点力のあるふたりだからこそ、もっとシュートを打ってほしいと思う。

関連記事