2013.09.08

香川・遠藤の交代。ザッケローニが言う「計画通り」は本当か

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 梁川剛●写真 photo by Yanagawa Go

 それはさておき、交代は本当に試合前からのプラン通りだったのか。ではなぜそれは6人ではなくて5人だったのか。

 6人目の交代でピッチに下げたくなった選手は長谷部だった。彼のデキも悪かった。キャプテンであり主役級の選手にはとても見えない、自信なさげなプレイぶりだった。

 しかし彼をベンチに下げれば、投入する選手は山口螢になる。となると、守備的MFは青山、山口の新人2人で構成されることになる。中盤の主役がピッチから揃って消えることは、好ましい話ではない。

 一方で山口は、セレッソ大阪所属のご当地選手だ。横浜で行なわれるガーナ戦ではなく、長居で行なわれたこの試合で使うのが「当初の計画」には相応しい。

 当初の計画は、本当に存在したのだろうか。主役級の不振をカモフラージュするための口実ではないのか。

 さらにいえばザッケローニは終盤、今野を投入。3-4-3ならぬ5バックに変更した。「守備固め」に出たわけだが、これも当初の計画通りなのか。完封を演出し、問題なしをアピールするための芝居ではなかったのか。

 諸々の問題が露呈しつつある。隠しきれなくなりつつある。僕にはそう見えた。とりわけ本田に続く主役たちの問題は、日に日に深刻さを増している。

関連記事