2013.09.02

岡山湯郷が善戦。なでしこ杯決勝で見えたリーグ全体のレベルアップ

  • 早草紀子●文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 印象に残ったのは、得点後や試合が決した瞬間のINACの選手たちの喜びようだ。常勝チームであっても勝利が当然のことではない。今シーズン、タイトル4冠すべてを手中に収めることを目標にしているINACにとって、初タイトルとなるカップ戦への想いはそれだけ強かったのだろう。

 一方、あと一歩及ばなかった湯郷の選手たちの落胆は大きかった。終了のホイッスルと同時にピッチに崩れ落ちたのはDF宮崎有香。守備陣として、悔し涙がこみ上げた。「3失点はないですよね。特に最後の失点......追いつけなかったのが悔しい」(宮崎)。前半はイメージ通りに展開できていただけに、後半のバタついた時間が悔やまれた。試合後、ピッチでは全員で長い間円陣を組み続け、悔しさをかみしめた。それだけ"女王"に肉薄した90分だった。

「タレントが多い相手に良い試合はできるが、負かすまでには至っていない。結果が出なければ『良い試合をした』と言ってもらっても悔しい」とは、円陣でチームメイトに語りかけていた宮間。別の意味で同じ言葉を口にしたのがINACの川澄だった。

「昨年のなでしこリーグカップ決勝(日テレベレーザ戦)ではシーズンの中でも上位に入るくらいの試合内容ながら、負けてしまった。『内容がよくても気持ちで相手に負けてた』と言われるのが本当にイヤだった。だから今年は絶対に結果を残そうって話合った」という。結果がすべてとは言い切れないが、結果が重要なことは間違いない。しかし、内容と結果がともなわないギャップもサッカーの醍醐味だ。だからこそ次なる戦いに目を向けることができるのだろう。