2013.07.30

東アジア杯出場22選手、識者5人の採点表

  • 藤田真郷●写真photo by Fujita Masato

攻撃陣は高い評価に――飯尾篤史

 3失点の中国戦は守備陣を厳しく評価。韓国戦には勝ったものの、終始劣勢だったため、全体的に評価は高くない。その中で3試合8得点の攻撃陣は高く評価。ただし、採点はあくまで試合での評価。ザックへのアピール度を示すものではない。


GK 西川周作  6 計4失点も、フィード、足元、セーブは的確
   権田修一  6 2失点は仕方なし。90分通して安定していた
DF 駒野友一  5.5 中国戦ではベテランらしからぬ空回りを連発
   森脇良太  6 齊藤との連携は改善の余地あり。指示は二重丸
   栗原勇蔵  5.5 中国戦ではミスから2点献上。韓国戦で挽回 
   鈴木大輔  5.5 鋭いクサビのパスで貢献したが、2失点に絡む
   森重真人  6.5 空中戦や対人での強さを発揮。好アピールか
   千葉和彦  5.5 パスで持ち味を発揮も、鈴木との連携に乱れ
   槙野智章  5.5 中国戦は評価も、韓国戦では対人プレイに難
   徳永悠平  6 途中出場の韓国戦では守備の安定をもたらす
MF 山口 螢  6 寄せの鋭さ見せるも、ラインに吸収されがち
   高橋秀人  6 散らしやインターセプトなどで持ち味を示す
   青山敏弘  6 縦パスで貢献も、ゲームコントロールは課題
   扇原貴宏  5.5 組み立てに貢献も、もう少し色を出したい
   工藤壮人  6 力強さに満ちたプレイで戦う姿勢示す
   齋藤 学  6.5 ドリブルとシュート技術で、切り札に名乗り
   高萩洋次郎 6 疲労困憊のなか、韓国戦では意地の猛プレス
   大迫勇也  7 2ゴールも本人は「1トップで出たかった」
   原口元気  5.5 中国戦ではパサーに。韓国戦は最後に見せ場
   山田大記  6 正確な技術に加え守備での貢献は見逃せない
FW 柿谷曜一朗 7.5 動き出し、連係、決定力と出色の出来だった
   豊田陽平  6.5 ザックも大絶賛。足りないのはゴールだけ