2012.11.27

【なでしこ】リヨンに惜敗も、澤穂希「インパクトのある試合だった」

  • 早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko
  • photo by Hayakusa Noriko

 リヨンは現在シーズンの真っただ中であり、帰国すればドイツとの親善試合が待ち構えている。戦力は少しでも温存しておきたいという状況を考えれば、総力戦だったとは言えないだろう。それでも、INACがリヨンに真剣勝負のスイッチを押させたことは確かだ。次の戦いはアウェイの地で「ガチ勝負」を挑むINACの戦いを見てみたいものだ。

 惜敗したINACだが、選手たちは自分たちが敵わない相手に挑むときの楽しさと、時折感じる手応えに充実感を得ていた。記念すべき第1回の大会で準優勝となったINAC。日本のクラブチームとして、世界の頂への一歩を、確実に踏み出した。

 10年前には女子のクラブW杯はまだ夢物語だった。今回、国内外を問わず発せられたクラブレベルでの大会への想い、そして選手たちのモチベーションが続いていけば、この大会がさらに発展、拡大していき、男子のクラブW杯のような大会に成長していくことも不可能ではないはずだ。

関連記事