2012.08.03

【なでしこジャパン】決勝Tのカギ握る宮間あや、「決勝でベストに」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Hayakusa Noriko/JMPA

 加えて主将をつとめる宮間あやの調子が上がってこないことが気になる。技術レベルの極めて高い彼女らしくない大小のミスが相次ぎ、そのミスはピンチにつながることさえあった。好調の守備陣と比べて低調な攻撃陣。宮間の調子さえ上がってくれば状況は変わるのではないかと思われるものの、攻撃の軸の不調はそれほどチームにとって大きい。

 南ア戦前日、キックの精度が上がらないことを指摘されると、宮間はこう反論している。

「ただ単にボールを蹴っているわけではなく、パスというのは受け手と出し手がいて、ほかに選択肢があって初めて成立する。多くのの方が女子サッカーを見るようになってからの試合の中では質が低いと言われるかもしれませんが、あまり気にしていません」

 独特の言い回しで丁寧な口調ではあるが、その中に強気が見え隠れする。続けて今大会から右サイドでプレイすることについて問われると、「まずポジションが大会に入ってから変わったということもありますし、ネガティブな意味ではなくて、あと最大で4試合あるので決勝戦でベストな状態に持っていければと思います」と、その目は決勝を見据えていた。

 主将の重責からプレイが低調になっているとの邪推もあるが、彼女の言う通り、試合を重ねる中で調子は上げていけばいいのだ。その言葉を信じて決勝トーナメントでの爆発を期待したい。メダルのカギは宮間が握っている。

関連記事