2012.07.30

【五輪代表】日本、決勝トーナメント進出!
永井の一撃をもたらした冷静なゲームプラン

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by JMPA

 DFリーダーでもある吉田は、「ボールを持ったときだけは、勢いを持って(攻撃に)行かなきゃいけない」と付け加えながらも、こう話した。
「もちろん勝ち点3が取れれば良かったが、前がかりになって失点するのは嫌だったので、『0-0(の引き分け)でいい』というくらいの気持ちでやっていた」

 こうした冷静な判断がバランスを崩さず守り続けることにつながり、結果的に勝ち点3を呼び込むことになったのである。

 これで、日本はグループリーグ2連勝。早くも決勝トーナメント進出を決めたが、順位は最後のホンジュラス戦次第である。勝つか引き分ければ1位通過となるが、負ければ2位通過。その場合、準々決勝で対戦が予想されるのはブラジルだけに、メダル獲得のためには、是が非でも1位通過を果たしたいところだ。

 とはいえ、準々決勝以降の戦いを見据えるならば、ここでメンバーを入れ替え、疲れの見える主力を休ませるのも一手。関塚監督にとっては、好調なチームを率いるがゆえの難しい選択を迫られることになる。

「強豪国が集まった大会で、(決勝トーナメント進出決定は)ひとつの通過点としては非常に価値あること。それも、(2試合を終えた段階の)今日決められたことに満足しているし、うれしく思っている」

 そう話す指揮官は果たして次にどんな手を打ってくるのか。勝敗とともに、メダル獲得の成否をも左右しかねない重要な決断に注目である。