2012.06.09

【日本代表】「最強」ザックジャパン
圧倒的攻撃力を支えているのは『バルサの原理』

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 日本の武器であるサイドバックの攻撃参加にしても、裏を返せばカウンターを受けるリスクと常に背中合わせである。

 それでも内田篤人、長友佑都の両サイドバックは躊躇(ちゅうちょ)なく前線に駆け上がる。内田が「(MFの)オカちゃん(岡崎慎司)との連携もできている。守備のバランスはよくなっている」と語るように、前線の選手が守備での役割を怠らないからだ。

「いい守備があって、いい攻撃ができる。積極的に前からディフェンスすれば、前半のようないい(連続攻撃の)形ができる」

 長谷部がそう話す通り、“攻め続けるための守備”ができているのが、今の日本なのだ。

 次は、いよいよオーストラリア戦である。

 前回のアジア最終予選では、日本はオーストラリアと2度対戦し、1分け1敗。一度も勝つことができなかった。それだけに、日本の真価を問うには絶好の相手だと言える。

 もちろん、この2試合ほど楽な試合展開にはならないだろう、とは思う。それでも、ひょっとするとオーストラリアさえもねじ伏せてしまうのではないか。

 そんな期待を抱かせるだけの強さが、今の日本代表には確かにある。

関連記事