2012.06.02

【日本代表】低迷ガンバで苦悩する遠藤と今野は、本当に大丈夫か?

  • 益田佑一●撮影(対談) photo by Masuda Yuichi早草紀子、藤田真郷●写真(試合) photo by Hayakusa Noriko,Fujita Masato

――アゼルバイジャン戦(5月23日)にも、ふたりは出場していません。

名波 ザッケローニ監督は使いたかっただろうね。他の選手たちよりも、むしろ彼らふたりの出来をいちばん確認したかったと思う。

福田 まさにそう。ふたりのプレイは見たかった。コンディションがどうなのか、見極めておきたかった。何より、ふたりとも代えの利かない選手だからね。遠藤なんか、今季は彼らしい輝きが陰を潜めている。ガンバでは、試合中にどこにいるのかわからないときもあるだけに、代表でのプレイを見てみたかった。

名波 確かに、彼へのボールの集まりは悪いですね。

福田 これまで、そんなことはなかった。ボールを受けても、彼のリズムでボールが思うように動いていない。だから、余計に代表での不安が募る。周囲の問題なのか、彼のコンディションの問題なのか、そこはわからないけど、とにかくガンバでは以前のような輝きを感じられない。代表に行けば、周りはさらにレベルの高い選手がそろっているから、彼の良さを引き出せるかもしれないけど、ここまでチームがうまくいっていない中で、代表では力を発揮できる、というものなのかどうか......。

――そんな状態の遠藤選手をザッケローニ監督は起用するでしょうか?

名波 周囲の選手から絶大な信頼がある選手だから、使うでしょ。

福田 彼を使うかどうか、と言ったら、使うよ。繰り返しになるけれども、遠藤も、今野も、代えの利かない選手だから。

名波 本田圭佑や香川真司より、代えが利かない感じがしますよね。

福田 だからこそ、心配。どんなプレイを見せてくれるのか、今はまったく想像がつかない......。

――いいのか、悪いのか、試合が始まるまでわからないわけですね。

福田 彼らがうまくメンタル面を切り替えて、試合に臨めるかどうか。ただ、さっきも言ったけれども、最終予選というのはプレッシャーが相当かかる。もちろんガンバでプレイしていてもプレッシャーはあるだろうけれども、それとは比べ物にならない。そういう中で、自信を失っている気持ちをどう打ち消して、コントロールしながら自分の力を出していくのか、それはとても難しいことだと思う。決して簡単に勝てる相手と戦うわけではないしね。

名波 ふたりとも、やってくれると思う。最終的には、「経験」がモノをいうよ。(試合が)始まる前から、あまりネガティブなことを言っても仕方がないでしょ。