2012.05.29

【五輪代表】左からの新たな可能性を感じさせる、もうひとりの「酒井」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • 赤木真二●撮影 photo by Akagi Shinji

 酒井本人も、それがいちばんの収穫だと語る。

「基本的に、人に行くのがドイツの守備。でも、それをやろうとしたら、このチームではスルーパスを相手に出されてしまうことが何度かあった。五輪代表でのやり方と、ドイツ(のチーム)でのやり方を区別しなくてはいけないと、気づけたことは良かった。また、チームがグループリーグで敗退してしまったことはもちろん残念だけれども、自分なりにはいい感触を得られた大会だった。このチームがやろうとしていることの中で、自分(のプレイ)を出すこともある程度できましたから」

 右サイドバックには日本代表にも招集された酒井宏樹が君臨し、攻守においてチームの武器となっている。片や、そこまでの高い質を見せ切れていないのが左サイドだ。だからこそ、酒井高徳には期待がかかる。

 ブンデスリーガで得た自信と経験をここで発揮すること、そして酒井がチームにフィットするだけでなく、自らの経験をチームと少しでも共有することが必要だ。チームをさらにパワーアップさせて、本番を迎えるために。

関連記事