2012.05.24

【名波浩の視点】アゼルバイジャン戦で浮かび上がった
日本代表の 「一抹の不安」

  • 益田佑一●撮影 photo by Masuda Yuichi

 W杯最終予選では、これがいちばん怖い。アジアでは一撃必殺のカウンターを得意とする国が多いからなおさら。特に初戦のオマーンには前線に速い選手がいるだけに、その辺の対処をどうするのか、少し心配になった。

 もうひとつ、オマーン戦で気をつけたいのは、セットプレイ。アジアで予選を戦ううえで、カウンターとセットプレイの対処については、日本が抱える永遠のテーマ。そこでは、命懸けと言ったらおかしいかもしれないけれども、それぐらいの気持ちで抑えなければいけない。とりわけ、セットプレイの止まったボールというのは未然に防げないものだけに、常に細心の注意を払ってほしいと思う。

 あと、初戦というのは、どうしても試合の入り方が慎重になると思うので、その緊張の殻を早めに破るためにも、やはり先に点がほしい。それが、何より大事だと思う。そのためには、立ち上がりから積極的にシュートを打っていきたい。アゼルバイジャン戦では、立ち上がりゴールに向かっていくシュートが少な過ぎた。そうすると、攻撃陣のストレスが解消されずに、比重がだんだんと後方に偏っていってしまう。もちろん焦って、前に前に気持ちがはやり過ぎるのは禁物だが、ストレスを持ち続ける展開だけは避けたい。

 そうは言っても、このチームはアジアカップでも厳しい戦いを勝ち抜いて、数々の修羅場をくぐり抜けてきた。最終予選では、その経験が生かされることを期待したい。

関連記事