2012.04.21

【五輪代表】識者・緊急アンケート「オーバーエイジは誰がいいか?」

  • スポルティーバ●構成 text by Sportiva
  • photo by Fujita Masato

 一方のDFも、FW同様にいろいろな選手の名前が挙がった。その中でも、「ムードメーカーが必要」(木村氏)、「闘魂注入に期待」(小室氏)と、今の五輪代表にいちばん足りないとされる『リーダー』候補として、闘莉王を選んだ人が多かった。

「闘莉王はスピード面こそ懸念されるものの、それ以外はすべて兼ね備えたDF。劣勢な状況でもチームを盛り立てられるリーダーシップもあり、セットプレイでは得点源としても期待できる」(サッカー解説者・名波浩氏)

「正直、世界と戦ううえでは、センターバックが五輪代表の最大のウイークポイント。現状のままでは、強豪相手にバタバタしそうで、そこから修正するのもままならないのではないか。そこで、DFラインを仕切れる選手が絶対に必要。その候補は、闘莉王がベストだろう」(渡辺氏)

 闘莉王に次いで票を集めたのは、日本代表の今野泰幸(ガンバ大阪)と吉田麻也(フェンロ)だ。

「五輪代表が目指すサッカーでは、ボールを跳ね返す選手よりも、ビルドアップできる選手のほうがいい。そんなチームの戦い方にフィットするのは、今野。今のチームに足りないところも補ってくれるはず」(佐藤氏)
「センターバックは、特に経験が求められるポジション。世界レベルでの試合となればなおさら。そう考えると、国際経験の乏しい鈴木大輔や濱田水輝らではやや心もとない。チーム(ガンバ)が不調とはいえ、このポジションに関しては世界レベルの経験を持っている、今野を入れたほうがいいと思う」(福田氏)

「五輪代表の守備は常に危なっかしい印象があるだけに、A代表でレギュラーを務める吉田を入れたい。あの高さは魅力。セットプレイでは攻守において頼もしい存在と言えるのではないだろうか」(川端氏)
「吉田は高さがあって、人にも強い。A代表やオランダリーグの試合でも、土壇場で劇的なゴールを決めているので、攻守両面で大きな戦力になる」(小池氏)

 さて、こうしてみると、センターラインが重要な補強ポイントであることがわかるが、唯一、それ以外のポジションからリストアップされている選手がいる。4位にランクインしたサイドバックの長友佑都(インテル)だ。

「サイドからの攻撃力アップを図りたい。そのために、長友を選ぶのも悪くない。彼が入れば、攻撃のバリエーションが広がるし、守備も安定すると思う」(鈴木正治氏)
「両サイドバックをこなせる長友は貴重な存在。所属チーム『インテル』という看板が、対戦各国に対して、いい“重石”になるのでは……」(絹見氏)

 以上、識者の方々がリストアップしたOA候補を見てきたが、ランキングのベスト3に入ったFW前田、MF遠藤、DF闘莉王が、OA選手としてふさわしい人材と言えそう。彼らに続く、FW佐藤、MF中村憲、DFの今野と吉田、そして長友も有力な候補となるが、はたして関塚監督はどんな選手を選ぶのか。Jクラブや欧州クラブの理解を得て、世界で結果を残すためのベストな選択をしてほしい。

関連記事