2022.05.27

五十嵐亮太が注目する若手選手は? セ・パの新人クローザー、将来の4番候補、古巣ヤクルトの有望株にも言及

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

――投手で他に気になる新人、若手選手はいますか?

五十嵐 ヤクルトOBとしては、2年目の木澤尚文投手は今年にグッとよくなった印象があります。彼はもともとコントロールが課題でしたが、今年はツーシームをメインに投げている。これはストレートに近いんだけど、若干落ち気味のシュート回転で、相手バッターにとってはものすごく厄介なんです。このボールが今、めちゃくちゃハマっていますね。

――課題のコントロールは克服されたということですか?

五十嵐 いや、コースに投げ分けることに神経質にならなくても、真ん中付近に投げていれば、いい具合に散らばってくれるんですよ。若干ズレるので、バッターとしては芯で捉えることができない。そのボールが、今年の活躍の要因でしょう。

ロッテ・松川虎生が持つ「雰囲気」

――では次に、野手陣で注目の新人、若手選手を挙げていただけますか?

五十嵐 立浪和義監督に代わった中日は、3年目の石川昂弥選手と岡林勇希選手、ルーキーの鵜飼航丞選手と、イキのいい若手野手が目立ちますね。特に石川選手は、「将来の4番候補」として期待が大きい。春のキャンプで、石川選手がクタクタになるまで練習をしている姿を見ました。僕が現役だった頃から、中日はとことん練習する、粘り強く"いやらしい"チームでした。石川選手にもそのイズムが注入されている気がします。

――五十嵐さんの目から見て、石川選手には「将来の四番打者」としての素養があると思いますか?

五十嵐 もちろん、あると思いますよ。実戦を通じて、いかに多くのことを学べるか。僕が彼を攻めるとしたら、インコースに速いボールを投げてアウトコースの出し入れで勝負することになると思うんですけど、一軍投手の配球をいろいろ経験して大きく成長してほしいです。

――他に気になる選手はいますか?

五十嵐 ロッテのドラフト1位ルーキーで、捕手の松川虎生選手は気になりますね。佐々木朗希投手の完全試合の試合でもそうでしたが、堂々とリードしているじゃないですか。まだ18歳で、あの貫禄は並大抵のものじゃない。高卒1年目なので、まだまだ配球やキャッチングも勉強すべき点は多いと思うけど、彼には他の人にはない雰囲気がありますね。

――その「雰囲気」とは、具体的にはどんなことでしょうか?

五十嵐 試合中の間の取り方、マウンドに行ったときの表情なども、いい雰囲気を持っていますよね。それに、佐々木が完全試合を達成した試合では、究極の緊張するシチュエーションにもかかわらず、冷静に状況判断しているようにも見えました。並のルーキーじゃないですよ。これから経験を積めば、どんどんいいキャッチャーになるでしょう。