2022.04.13

「石で鳥を落とす」コントロールの高橋善正はプロ初登板で13回を完封

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki

 苦笑交じりだが、口調は穏やかではない。今のプロの投手に対して相当に不満があるようだ。それは高橋さん自身、「コントロールのいい人」だったからに違いない。

「オレのコントロールはさ、もともと、小学校の頃から。野球はやってなくても石で鳥をやるとかさ、狙って命中したからね」

 次元が違う......。往年の名選手が少年時代に野山を駆け回って遊び、自然に基礎体力がついた、という話は何度か聞いたことがある。が、石で鳥を狙うことと制球力を結びつけた話は初めてだ。高橋さんは身を乗り出して話を続けた。

「高校1年のとき、阪神が高知にキャンプに来てたの。見に行ったんだよ、授業サボって。ヘヘッ。ブルペンで投げてる村山実、バッキー、小山正明、みんな球速いし、コントロールいい。それでもうひとり、四番手の渡辺省三さんがいた。あ、オレにはこの人のほうがいいかなと思って、後ろ行って見てたの。

 そしたら、ラスト30球。ミットがボール1個分も動かない。それも低めで動かないから、うおー、すげえなあと。渡辺さんは村山、小山みたいに速くないから、このぐらいコントロールないと通用しないんだなって思ったね」

 当時からある程度の制球力を身につけ、参考にすべきタイプを把握していた高橋さんは、すでにプロ3球団から誘われていた。しかし松田監督が高卒でのプロ入りを不安視したなか、中央大との縁があって進学。東都リーグで歴代4位の35勝を挙げ、東映に入団する。もっとも、ドラフト前に上位指名で狙っていたのは広島も同様で、当時の監督で通算197勝投手の長谷川良平はこうコメントしている。

「高橋は投手としてのセンスが抜群だ。ピッチングそのものも素晴らしいが、牽制、守備など、普通ならプロに入ってから教えなければならない点をすでに身につけている」

 一方、東映のスカウトは「肘さえ治れば20勝投手になれる素質を持っているから、大いに期待していいと思う」とコメント。肘の不安は周知の事実だったようだが、それにしても期待度は相当に高い。

「社会人からも誘われたけど、肘が悪いから、どうせぶっ壊れるならプロへ行っとかないと、と思ったの。球団はどこでもよかった。ただ、東映にはイメージも全然なくてね。ドラフトの日は監督とゴルフに行ってたんだから」