2022.03.15

佐々木朗希が「エース」と呼ばれるには? ロッテの元18番・清水直行が語る「エース論」と、他に注目する若手投手2人

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • photo by Sankei Visual

中日2年目の投手にも注目

 一方、清水には佐々木以外にも、将来のエース候補として気になる若手投手が何人かいるという。

「まだ一軍での登板はありませんが、中日の2年目の髙橋(宏斗)はいいですね。腕を長く使うというよりも、ボールをぽんっとコンパクトに投げる感じ。オリックスの山本(由伸)もそうですし、今はそういう投げ方の選手が多いのかな。

清水が注目の投手として名を挙げた、中日の髙橋清水が注目の投手として名を挙げた、中日の髙橋 この記事に関連する写真を見る  やっぱりいいストレートを投げる投手は魅力的です。だからこそ朗希の球にみんながロマンを感じますし、髙橋の150kmを超える伸びのあるストレートにも期待感を抱くんです」

 さらにロッテのルーキーからも名を挙げた。

「ドラフト5位の八木(彬)に注目しています。首脳陣はセットアッパーもしくはクローザーとしての起用を考えているのかもしれませんが、あくまで自分の見立てでは、彼は先発向きなんじゃないかと。ピッチングの始動から投げきるまでのリズムを見ていてそう感じるんですよね。

 体の大きさもあってダイナミックな感じもありますし、伸びしろがある投手だなと思います。ロッテは先発の枚数がある程度揃ってきているので、今年、ローテーションの一角を担うことは難しいと思いますが、2、3年後には先発をして、そこでちょっと掴んだら戦力になっていくんじゃないかと期待しています」

 近年はヤクルトの奥川恭伸やオリックスの宮城大弥など、高卒の若手投手が早々に台頭しているほか、昨年は広島の栗林良吏や日本ハムの伊藤大海、楽天の早川隆久といったルーキーが、チームの中心選手として1年目から活躍した。今年は佐々木朗希が覚醒するかどうか。そして、どんな若手投手が出てくるのか注目だ。

◆清水直行さんのYouTubeチャンネル
「清水直行703チャンネル」はこちら>>

関連記事