2022.02.28

ロッテ井口監督、非情なる決意「もう若手を特別扱いしない。勝つためだけの采配をする」

  • 村瀬秀信●文 text by Murase Hidenobu
  • photo by Chiba Lotte Marines

── プロ初登板を果たした昨年は中10日以上の登板間隔を開けながらの登板でしたが、今年はいよいよローテーション入りが期待されています。どんな起用になるとお考えですか。

「今シーズンは『1年間ローテで投げる』というのが最初の目標になるでしょう。もちろん、調子を見ながらになりますが、まだ1年間を通じて投げたことがないピッチャーです。シーズンに入ってからの持久力であったり、疲労度であったりがどれだけのものになるのかは、実際にやってみないとわかりませんが、クリアできるだけの体力は、このオフにしっかりやってきてくれましたし、身体のケアも自身でしっかりやってくれている。僕は投げられると思っています」

── 1年間ケガなくローテーションで投げられたら、シーズンの終わりにはエースと呼ばれている可能性もありそうですか。

「エースというものへの期待はね、我々以上にファンの人が待っていると思いますが、1年間投げることができたら、黙っていても結果はついてくるだけの力は持っています。あとはローテーションで投げていくなかで、どう勝っていくか。野手に信頼されるピッチャーになるには、どうやって投げていくか、というところだと思います」

── 投手陣では先発に昨年10勝を挙げた小島和哉投手に、美馬学投手、石川歩投手の両ベテランに加え、トミージョンから復帰する種市篤暉投手、昨年開幕投手を務めながら不調で終わった二木康太投手らもいますが、今季の課題はなんでしょうか。

「昨年の敗因のひとつとして、やはりローテーションをしっかり組めず、イニングも放れなかった反省があったので、昨年のデータの部分をもう一度綿密に分析し、今年はそこをしっかり回せるように意識しています。とくに初回の失点がかなり多いんですよ。バッター有利のカウントになってしまっていたので、入り方なりを工夫して、自分に有利なカウントへ持ち込むこと。あとは特定の選手に打たれている傾向が強いので、もう一度、徹底的に配球面を洗い直したいですね」