2021.12.23

高橋慶彦と正田耕三が期待するカープの若手。「打つだけ、守るだけの野球しかできていない」と課題も指摘【2021人気記事】

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 布川航太●撮影 photo by Nunokawa Kota

高橋 俺たちは古葉さん(竹識/元広島監督)に徹底的に野球を叩き込まれたから、状況判断は完璧やったな。

正田 若手の頃に代走で試合に出て、1球目に盗塁のサインが出たけど、スタートを切れなかったんです。2球目以降に盗塁は成功させたんですけど、ベンチに帰ったらめちゃくちゃ怒られました。「アウトになってもベンチの責任なんやから」と。それから考えて野球をやるようになりました。

高橋 初球セーフになったら、バッターはラクやん。そこを考えるよな。

正田 そうなんです。そういえば、「左バッターは一塁ランナーが盗塁のスタートを切っても見えない」と言われることもあるんですけど......見えますよね?

高橋 見える、見える。ちゃんと準備してるから。走る時だって、肩越しに打球は見えるから、どこに飛んだかはわかる。点差とか相手の肩の強さを計算して、どこまで行けるか決めていく。そういう訓練が今のカープには欠けているかもしれない。

正田 そうですね。

高橋 三塁ランナーがバットに当たった瞬間にスタートを切るの、今は「ギャンブルスタート」って言うんやね。俺たち、普通にやっていたけど。ショウもヤマ(山崎隆造)も俺も、打球を見極めてもギャンブルスタートと同じスタートが切れるよな。

正田 普通にスタート切ったらええんでしょう?(笑)

高橋 見えるんよな。バットに当たる瞬間のボールの角度が。バットに当たってボールが下に向かったら「ゴー」。真っすぐなら「ライナーバック」。上に行ったら「タッチアップ」。今の選手はギャンブルスタートだと、ライナーで帰塁できないんやから。

正田 練習してないんでしょうね。練習していれば、体が反応しますから。

高橋 ショウがもう1回、カープのコーチをやったらええやん。

正田 いや、僕はもういいですよ(笑)。

高橋 俺の場合はほら、もう絶対に帰れないから(笑)。でも、俺は本気でそう思ってるよ。ショウが戻らなきゃ、誰も教えきれんもん。