2021.12.01

オリックスのドラ1右腕・椋木蓮が球界の大エース山本由伸にどうしても聞きたいこと

  • 永田遼太郎●文・写真 text & photo by Nagata Ryotaro

 今でこそ大人びた性格になった椋木だが、下級生時は幼い一面があったという。諏佐コーチが続ける。

「一緒に投手を指導している上岡(良一)さんと私に怒られることが結構あったんですけど、それも野球に関することではなくて、人格的な部分で。たとえば、ベンチにいて仲間を応援できないとか。それも自分がいいピッチングをできない時だったりしたので......。そうした姿は周りの選手も見ていました。それが今年になって変わって、リーグ戦でも自分が投げていない時に野手よりも大きな声を出して応援するようになった。あのあたりの精神的な成長が、飛躍した一番の理由だと思います」

 椋木は山口県の高川学園の出身で、中学・高校で先輩だった山野太一(現・ヤクルト)の背中を追って、遠く仙台の地までやって来た。椋木は言う。

「高校時代も全然目立つような選手じゃなかったし、(山野)太一さんについていく形で東北福祉大に入りました。当時は1年から試合に出られるとは思っていなかったですし、逆に緊張やプレッシャーもなく、ただ楽しんでやっている感じでした」

 東北福祉大で指揮を執る大塚光二監督は、入学時の椋木についてこう語る。

「体の線が細く、それほど大きくもないので、強い印象はなかったです。球速も140キロちょっとだったかな? ただ練習会に来た時に『投げっぷりのいいピッチャーだな』と思いましたね。変なクセもなく『スピンの効いたいいボール投げるな』と。でも当時は、山野や津森(宥紀/現・ソフトバンク)もいましたし、藤川昂蓮(現・日本新薬)という右の本格派もいた。この投手陣のなかで、はたしてどれだけできるのかなという期待と不安の両方がありました」

 そんな指揮官の印象を覆すように、椋木はメキメキと頭角を現していく。大塚監督が続ける。

「練習会の時点では、(高校時代に実績があった)綱脇慧(花咲徳栄出身)や小松章浩(おかやま山陽出身)のほうが評価は高かったんです。それが2月に仙台に来た時、椋木を見たら体が大きくなっていて、本人に聞くと『体重が3キロ増えて、球速も144キロ出ました』と。そこで3月のキャンプに参加させると、ブルペンでもいい球を投げた。『これなら1年春からいけるんじゃないか』となって、リーグ戦で使ってみたんです」