2021.11.19

山本由伸の女房役・若月健矢が語る何よりもすごいと思うのは「イニング間、ベンチ裏で…」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Koike Yoshihiro

「シーズン序盤は、なかなか試合に出られなかったので、試合の途中、それがどんなに難しい場面であろうが、行き甲斐というか、試合に出られるんだという喜びを感じていました。先発で出た場合は試合を作ることが大事だと思いますからビッグイニングをつくらせないことを一番に考えて組み立てますけど、試合終盤に出て行く時はいろんなシチュエーションがありますから、この状況、この点差、このピッチャーだったら何を一番やってはいけないのか、ということを想定してからマスクをかぶるよう、心がけていました。そこで結果を残さなければ、本当に試合に出られなくなる。もう、あとがないという気持ちでやっていましたね」

 そんな危機感もいい方向へ働き、若月は夏場以降、スタメン出場を増やす。それでもレギュラーと言えるまでには至らなかった。シーズンを通して併用されていた伏見について、若月はこう話した。

「欲を言えば、全試合でマスクをかぶりたい。これが本当の気持ちです。でも伏見さんは、たとえば左ピッチャーをリードするのがものすごくうまい。山崎福也さんと組んだ時の伏見さんは、緩急の使い方が抜群で、いろんな球種を万遍なく使いながら相手バッターに的を絞らせないんです。ホント、うまいなぁと思います。そういうところ、僕ももっと勉強しなきゃ、ですね」

 緩急を使う左ピッチャーをうまくリードするのが伏見の持ち味なら、右のパワーピッチャーをリードさせれば若月は輝きを放つ。

「たしかに、四隅を突くようなタイプでないピッチャーに対しては、まぁ、わりと自信があるというか......球種が多いピッチャーよりも力で押すピッチャーのほうが得意なのかもしれません。とにかくストライクが入る球種をどんどんストライクゾーンの中へ突っ込ませるイメージでリードするんです。実際、伏見さんに『どうやってリードしてんの』って訊かれると、それだけでもう、うれしくなっちゃいますよね」

 とはいえ、力だけでなく豊富な球種でも勝負できる日本のスーパーエース・山本由伸をリードするのは、今や若月の仕事だ。