2021.10.13

ヤクルト雄平はなぜ引退試合後も練習を続けるのか。「今の自分の体がなくなってしまうことが怖い」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Koike Yoshihiro

 2019年のキャンプではこんなことがあった。二軍キャンプ中だった若手の渡邉大樹に「雄平選手は(一軍キャンプで)かなりバットを振り込んでいましたよ」と声をかけると、「僕のほうが振っていると思います」と返ってきた。ちなみに、ふたりは一緒に自主トレをしている間柄だった。

 そして雄平に渡邉の言葉を伝えると、真顔でこう言った。

「いや、僕のほうが絶対に振っているはずです」

 なんという負けず嫌い......と思わず笑ってしまったが、雄平を支えているのは練習なのだということを再確認した。

 その2019年シーズン、雄平は「ひとり早出練習と表現してください」と、チーム練習前のティー打撃を欠かすことなく続けた。雄平がその時に発する言葉は、真剣さゆえに思わず笑ってしまうことも多かった。

「ボールは目で見るんじゃなくて、体で見る。それも体の芯で見る。よくわかんないけど......」

「僕、試合に出られますかね? いい風が吹いているけど、出番はないだろうなぁ」

 そんな数々の雄平語録のなかでも、「うまくいかないなぁ。でも、これを続けていればきっといいことがある。そのためにもフォームは変えない」という言葉は強く印象に残っている。

「模索を続けていけば、今年の僕のバッティングが見えてくると思ったので......。いいことが起こるためにはトライすることが必要で、もっと打てる自信があるし、もっと新しいものを見つけたいんです。結果、フォームは変えましたけど、それでよかった(笑)」

 雄平と石井琢朗打撃コーチ(現・巨人野手総合コーチ)のティー打撃を眺めるのも楽しい時間だった。前日の打席を振り返り、今日の対戦投手について対策を練るのだが、そのやりとりはユーモアに溢れていた。

「打つ時に顔の軸がブレていることに気がつきました」(雄平)
「おまえは心の軸がブレるからいけない。自分から悪い方向へ行ってしまう」(石井コーチ)「アーッ(苦笑)」

「ほかの選手のバットも触ったけど、おまえのバットが一番扱いやすい」(石井コーチ)
「この形はバランスがいいんですよね」(雄平)
「おまえは扱いづらいけどな(笑)」(石井コーチ)
「アーッ(苦笑)」