2021.10.06

オリックス「真の復活」へ。ドラフトでカギを握る有望高校生の獲得。大型右腕の一本釣りも!?

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

将来はメジャーリーガーになってサイ・ヤング賞を獲るのが目標と語る天理の達孝太将来はメジャーリーガーになってサイ・ヤング賞を獲るのが目標と語る天理の達孝太 この記事に関連する写真を見る  ドラフトでも、近年のオリックスは「今までと違うぞ!」という姿勢を見せていた。即戦力に飛びつきたくなるような選手がいるにもかかわらず、将来性を見込んで、有望な高校生を積極的に指名。その新鋭たちが着々と力をつけ、今季の台頭となった。

 その路線は今年も継続するはずだ。

 とくに今年の高校生は、好投手が目白押しだ。市和歌山の小園健太(右投右打)を指名するのもいいし、天理の大型右腕・達孝太(右投右打)の一本釣りを狙うのもありだろう。

 現時点での総合力では小園が上だろうが、たとえば5年後の姿を想像した時、とんでもない"怪物"になっているのは達かもしれない。

 さらに大阪桐蔭の松浦慶斗(左投左打)、関東一高・市川祐(右投右打)、九州国際大付の山本大揮(右投右打)......彼らはすでに150キロ前後のボールを投げ、スライダー、カットボール、スプリットなど、変化球も操れる実戦力を持った投手だ。将来性という部分では大いに期待できる逸材である。

 野手は、吉田の活躍はもちろん、貴重な長距離砲であるT−岡田が復活の兆しを見せているが、将来の主軸候補は指名しておきたい。

 愛工大名電の田村俊介(左投左打)は、「吉田正尚の後継者」になれる可能性を秘めた選手だ。夏の甲子園で放った一発は記憶に新しいが、とにかくスイングに力がある。先述した来田もそうだが、振れる選手というのは成長が早いように思う。

 また、この夏の甲子園でグッと評価を上げたのが、智辯学園の前川右京(左投左打)だ。ツボにハマれば甲子園の中段まで軽々と運ぶパワーを持ち、タイミングを外されても軸は崩さず、バットコントロールのうまさでヒットゾーンに運んでしまう器用さも兼ね備える強打者だ。将来のクリーンアップの期待がかかる。

 今年もブレずに有望な高校生を積極的に指名できるか。本当の意味での"復活"はそこにかかっている。

◆集英社ムック
『Sportiva TOKYO 2020 オリンピック 総集編』好評発売中!

発売日:8月23日
定価:1760円(本体1600円)

【内容】

●Medal獲得数は58個!
日本人メダリストを紹介

●ニッポン野球の底力!
侍ジャパン、歓喜の金

●サッカー U-24日本代表
本気で金メダルを狙った男たち
「史上最強」ゆえの涙

●前代未聞のオリンピックが開幕するまで
険しすぎた道のり

以上のほか、必読の特集が満載。永久保存版の1冊‼

購入はこちらから

‣Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4081023336

‣セブンネット
https://7net.omni7.jp/detail/1107224540

関連記事