2021.09.27

ソフトバンクのドラフトは今年も「打てる野手」狙いか。152キロ右腕を打者として獲る秘策も!?

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

最速152キロ右腕の関東一高・市川祐だが、打者としても非凡な才能を見せる最速152キロ右腕の関東一高・市川祐だが、打者としても非凡な才能を見せる この記事に関連する写真を見る  そしてもうひとり、バットマンとしてとっておきの隠し玉的存在が関東一高の市川祐(投手/右投右打)だ。市川はチームの絶対的エースであり、打順も6、7番がほとんどだったからあまり注目されることはなかったが、個人的には打者としても全国級のセンスの持ち主だと見ている。

 投手のモーションと同時にタイミングを取り始め、静かに球筋を見て、自分のゾーンに入ってきたボールだけをジャストミート。たいした力感もなく、体の前でサッと振り抜いたスイングから放たれた打球は、あっという間に外野の深い位置に届く。「センター前ならいつでも打てます」というミート上手な選手は時々いるが、簡単にセンターオーバー、左中間へ打てる打者はそういるものではない。

 ただ困ったことに、本業であるピッチャーのほうで評価が急上昇なのである。この夏、自己最速の152キロをマーク。鋭いタテの変化とカットボールを交えた投球は精度も高く、3位か、もしかしたら2位で指名される勢いである。本人は投手一本で考えているかもしれないが、このまま打者をあきらめるのはあまりにもったいない選手である。

 近年のドラフトで24歳以上の野手をひとりも指名していないソフトバンクだが、牧原大成が外野に回っている状況を見れば、そうは言ってられない。

 とくに今年の社会人には、来季からすぐに戦力として計算できる選手がいる。NTT東日本の向山基生(25歳/外野手/右投右打)とトヨタ自動車の中村健人(24歳/外野手/右投右打)のふたりだ。

 法政大時代から今回で3度目の「ドラフト候補」となる向山は、すでに社会人では誰もが認める野手の第一人者。チームの主力として、これまで何度も全国の舞台でコンスタントな活躍を続けてきた。「飛び抜けたものがちょっと......」と言うスカウトもいるが、それは走攻守のレベルが高すぎて、逆に「平凡」と錯覚してしまっているのではないかと思う。

 中村はバッティングの非凡さはもちろん、定位置付近からダイレクトのバックホームで本塁突入の走者を刺せる鉄砲肩に、50mを6秒ちょっとで走れる足、そしてとらえた時の飛距離......身体能力の高さは実証済みである。

 阪神の近本光司、糸原健斗、ヤクルトの塩見泰隆、中日の大島洋平、ロッテの荻野貴司など、社会人野球出身の「三拍子揃い」は結構一軍の戦力になっている。向山と中村も、プロに入ってより輝きを増しそうな逸材である。

◆集英社ムック
『Sportiva TOKYO 2020 オリンピック 総集編』好評発売中!

発売日:8月23日
定価:1760円(本体1600円)

【内容】

●Medal獲得数は58個!
日本人メダリストを紹介

●ニッポン野球の底力!
侍ジャパン、歓喜の金

●サッカー U-24日本代表
本気で金メダルを狙った男たち
「史上最強」ゆえの涙

●前代未聞のオリンピックが開幕するまで
険しすぎた道のり

以上のほか、必読の特集が満載。永久保存版の1冊‼

購入はこちらから

‣Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4081023336

‣セブンネット
https://7net.omni7.jp/detail/1107224540

関連記事