2021.09.23

西武のドラフトは徹底して「左腕」狙いか。野手は若手が順調に成長中

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 内海哲也を筆頭に、榎田大樹、小川龍也、吉川光夫、佐野泰雄......ベテランたちにかげりが見えてきて、2年目・浜屋将太の頑張りだけでは、相手チームに「西武は右しか出てこない」と警戒心を与えることはできない。

 そんな現状を打破するには、今年は「これでもか」というぐらい、左腕にこだわってもいいのではないか。

 すぐに戦力として期待できるのは、西日本工業大の隅田知一郎か筑波大の佐藤隼輔だろう。ともにストレートの質、変化球の精度、さらには勝負度胸と、プロで戦っていく資質を備えており、最低でもどちらかひとりを獲得したい。

 2位以下は、残っていれば新潟医療福祉大の桐敷拓馬、創価大の鈴木勇斗を指名したい。桐敷は145キロ前後のストレートに、空振りを奪えるスライダー、フォークが秀逸。鈴木は1シーズンを通してコンスタントに高水準の投球ができる安定感に優れている。それぞれ持ち味は違うが、今の西武にとって貴重な戦力となってくれるに違いない。

 高校生に目を移すと、小柄ながらキレのいいボールを投げ込む二松学舎大付の秋山正雲、すでにプロ級のカットボールを持つ明徳義塾の代木大和が候補に挙がる。代木はバッティングセンスにも溢れ、その気で練習すれば"二刀流"の夢もふくらむ。

 左投手をしっかり補強できれば、次はリリーフ候補だ。ギャレット、森脇亮介、水上由伸に絶対的守護神の平良海馬と役者は揃っているが、リリーフは何枚いても困らない。

 亜細亜大の岡留英貴(右投右打)は体を沈めて、サイドハンド気味の角度から猛烈に腕を振って145キロ前後のストレート、スライダー、シンカーで真っ向勝負。1イニング限定なら、忠実にミッションを果たしてくれるのではないだろうか。

 今年のドラフトには、1位指名確実と評判のノースアジア大明桜の風間球打がいる。西武には同校の大先輩である水沢英樹スカウトがおり、まさに風間を熱心に追っていると聞くが、チーム事情から行けば右の本格派よりもまずは左腕だ。西武の今後を占ううえでも、今年のドラフトは極めて重要になる。 

◆集英社ムック
『Sportiva TOKYO 2020 オリンピック 総集編』好評発売中!

発売日:8月23日
定価:1760円(本体1600円)

【内容】

●Medal獲得数は58個!
日本人メダリストを紹介

●ニッポン野球の底力!
侍ジャパン、歓喜の金

●サッカー U-24日本代表
本気で金メダルを狙った男たち
「史上最強」ゆえの涙

●前代未聞のオリンピックが開幕するまで
険しすぎた道のり

以上のほか、必読の特集が満載。永久保存版の1冊‼

購入はこちらから

‣Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4081023336

‣セブンネット
https://7net.omni7.jp/detail/1107224540

関連記事