2021.08.23

中田翔の巨人移籍を予想していた高木豊。「日本ハムを出る前にやるべきだった」こととは?

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • photo by Sankei visual

――確かに日本ハムは、入団1年目から1軍で起用する選手が多い印象があります。

高木 プロ野球は、多くのファンの方々からお金をもらって見せるものですし、1軍は"戦いの場"なんです。一方、2軍は"教育の場"。清宮をその1軍の雰囲気に慣れさせるといっても、それと育成が両立できる例は多くありません。日本ハムは育成の失敗が多い印象がありますが、今年はそのツケが一気に出てきているように思います。

 清宮は、高校時代は同年代でナンバーワンだったのが、『ウサギとカメ』の話じゃないですけど、結果として他の選手たちに置いていかれてしまった。今後はしっかり育ててほしいなと思いますね。

――球界を大きく騒がせた、中田選手の問題についてはどう思われますか?

高木 取り返しがつかないし、暴力はいかなる時でもダメですよ。勝負の世界にあれだけの選手たちが身を置いているわけですから、ケンカや細かい言い争いはあるでしょう。それでも越えてはいけない一線があります。

 これからの中田の行動が大事ですし、この失敗が今後の成功につながるようになればいいなとは思ってはいます。ただ漠然と「悪かった」ではなく、「チームとはどういうものなのか」を考えてほしいし、「アスリートとして自分はどうあるべきか」といったさまざまなことを考えないといけません。そうすれば、やるべきことが明確に見えてくるはず。自分の足元をもう一度見つめ直してほしいですね。

 日本ハムのイメージも著しく損なってしまったわけで、そうしたところへの謝罪もちゃんとしなければいけませんし、誠意は必要だと思います。

――年齢的にも、経験値から考えても、チームの中心であり、「大将」として引っ張っていかなければならない立場だったと思います。

高木 「大将」ならば、それにふさわしい振る舞いがあると思うんです。会社で言えば「社長」などになると思いますが、そういう方たちが部下に対してどのように接しているのかを勉強するべきです。

 上にいる方たちほど心が広くて余裕があったり、柔和だったりする方がいて、たくさんの部下をまとめられている。それができている方から学んで、いい「大将」になってほしいなと思います。32歳とまだまだ若いですし、子供(第4子)も産まれたばかりですし、自分のことよりも子供のことを考えてほしいです。