2021.08.23

高木豊が語るセ・リーグ優勝争い、阪神より巨人が有利な理由。ただし「ヤクルトも乗ったら本当に怖い」

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • photo by Sankei visual

――ヤクルトもリーグ優勝を狙える位置にいますし、チーム状態もよさそうです。

高木 いいですね。ヤクルトは打線に関しては言うことがありません。代打も川端(慎吾)がいて、坂口(智隆)も一軍に入りましたし、経験のあるバッターが代打で控えているのはすごく大きいです。あとはピッチャーがどれだけ投げてくれるかというところなんですけど......。

 ヤクルトは「巨人、阪神を上回って上位に」という"欲"との勝負ですよね。欲は変な力みにつながってしまいますから、それが出てくると力を発揮できないということは往々にしてあります。ヤクルトも十分チャンスがありますが、とにかく細かいことは考えずに勢いを大事にすること。 巨人が「わっしょいベースボール」(御輿を担ぐように一致団結する)というテーマを掲げてますけど、それはヤクルトがやらないといけない野球だと思います。

――経験豊富な青木(宣親)選手や内川(聖一)選手らの存在も大きい?

高木 そうですね。ただ、「優勝するためには、こうしていったほうがいい」といった、細かいことは言わないほうがいいと思います。ベテラン2人がおちゃらけるというか、みんなの硬さをとるために率先してバカをやれるムードメーカーになってくれると、チームも勢いに乗っていくでしょう。ヤクルトは乗ったら本当に怖いチームですよ。

――ちなみに、公式戦の中断期間に行なわれていた「エキシビションマッチ」で目にとまった若手の選手はいましたか?

高木 阪神の佐藤がよかったですね。DeNAの森(敬斗)も結果を残しましたし、後半戦は期待したいです。また、広島の林(晃汰)は無安打が続いて苦しんでいましたけど、後半戦始まってすぐにホームランを打ちましたし、使い続けるべきだと思います。

 若手ではないですが、ヤクルトの坂口のようにベテランが起用されて力を発揮したことは、本当にヤクルトにとっては大きな助けになったでしょう。逆に阪神の伊藤(将司)は打ち込まれたりしていましたが、上位の各チームのバランスがどう整っていくのかは見どころのひとつですね。