2021.08.22

オリックス宗佑磨の伝説プレーに恩師も驚愕。サード挑戦は「最初はちょっと嫌でした」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Koike Yoshihiro

 小学校、中学校の時にはずっと軟式野球をやってきた宗は、ピッチャーとショートを半々でプレーしていた。もちろんショートの守りにもかなりの自信を持っていたのだが、高校へ入学してすぐ、軟式と硬式の違いに愕然とさせられる。

「硬式での内野をやったことがなくて、高校で初めて守ったんですけど、軟式とバウンドの仕方が全然、違うんです。軟式でショートを守っていた時は『オレ、メッチャうまいじゃん』と思ってたんですけど、硬式になったらゴロが捕れなくて、メチャメチャ下手くそになった......ボールが怖くなったんですよね。だから内野は好きじゃなかった」

 その宗が、いまオリックスのサードを守っている。しかも、抜群の守備力を誇るサードとして、昨年の最下位から一転、優勝争いを続けるオリックス躍進の原動力になっているのだ。宗は高校からドラフト2位でプロ入りして、まずショートを守り、やがて外野へコンバートされ、昨年からサードを守ることになった。きっかけは中嶋聡監督のこんな一言だった。

「サード、どうだ」

 高校時代、水谷監督に「サードいけるか」と言われて以来、野球人生で2度目のサードへの誘い──宗は苦笑いを浮かべてこう言った。

「だから僕、最初はちょっと嫌でしたよ。内野は嫌いだし、もともとプロにはショートで入ったのに、内野はクビになってますからね。外野を守ることになった時、僕としてはもう内野はやりたくないなと思っていました。だからそれも(中嶋)監督には遠回しに言ってみたんです。でも、『とりあえずやってみようよ、おまえならできると思うから』と言われて、『まあ、じゃあ......』って感じでしたね」

 ところが今シーズン、この"サード・宗"が彼自身にも、チームとしてもフィットするのだから、中嶋監督の慧眼には恐れ入る。宗は強靱な上半身と独特のリズム感で、サードへのゴロを華麗に捌いて、深い位置からノーステップで一塁へノーバウンドの強いボールを投げ、難しい打球をことごとくアウトにしてみせた。いまの宗は、こんな想いでサードを守っている。