2021.08.17

ラオウの覚醒はホンモノか。オリックス・杉本裕太郎が語る自らの変身とソフトバンク松田からの金言

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Koike Yoshihiro

「真っすぐを打ちにいって、変化球は泳いで打つというのは理想ではあるんですけど、でもそれだけじゃなくて、変化球をマークしながら真っすぐを詰まってヒットにするという考え方もないと......今は得点圏では甘い球はほとんど来ないので、そのどっちもできないといけないなと思っています。

 僕は、打ちたい、打ちたいと思うとがっつきすぎて形が崩れて、ミスショットが増える。去年も夏以降、調子を落としていますし、今も危機感しかありません。なにしろ1年を通して戦ったことがないので、僕自身は覚醒した、なんて思ったことはないんです」

 そんなラオウを支えているのは、調子を落としても見守り、変わらずに起用し続ける中嶋聡監督の存在だろう。ラオウは今年、中嶋監督からこんな言葉をかけてもらっている。

「今は相手のピッチャーのほうが、おまえと対戦するのが嫌なんだから、自信持っていけ」

── 監督のその言葉を聞いて、ラオウさんはどう思ったんですか。

「あ、そうなんやって思いました(笑)」

 ラオウにこの図太さがあるのなら、もはや親目線の心配は必要ないのかもしれない。️

関連記事