2021.08.10

「飛び蹴りの前に伏線があった」。元カープ・高橋慶彦と正田耕三が明かした「あの事件」の真相

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 布川航太●撮影 photo by Nunokawa Kota

―― 当時のカープは個性的な選手も多く、まとまるのは大変だったと思いますが

正田 今でも覚えてるのが、試合前に先発ピッチャーのペイさん(北別府学)が早めに上がろうとベンチに戻りかけていたら、「あぶなーい!」って声が聞こえて、ペイさんのすぐ横をボールが飛んでいく。ショートから高橋さんがわざと悪送球を投げて(笑)。

高橋 そんなことせんて!(笑) ひどいこと言うねぇ。

正田 ピンチになってみんながマウンドに集まる時も、高橋さん、来ないんだもん。

高橋 たしかに仲は悪かったからな(笑)。

正田 ペイさんが投げる時は、ほんま緊張しましたよ。エラーしたら「あんた何してんの?」って怒られるから。

高橋 あいつ、きついからね。

―― 温厚そうなイメージがありますが。

高橋 いやいや、そうじゃなかったら、あんなインコースにシュートを投げきれんもん。でも、ペイはコントロールが抜群によかったから、守りやすかったな。

正田 高橋さんは、達川(光男)さんとも仲がよくなかったですよね。

高橋 仲悪いわけじゃないんよ。

正田 プライベートは別にして、試合になれば問題なかったですよね。

高橋 そう。達川さんはパフォーマンスがちょっと俺に合わなかっただけで(笑)。達川さんが試合中にコンタクト(レンズ)を落として、みんなでホームベース付近を探したのを覚えてないか?

正田 ナゴヤ球場でしょ?

高橋 一生懸命みんなでコンタクト探して、「もう勘弁してくれ」って。まあ、あれが達川さんらしさだったな。みんな面白い人ばかりだった。

正田 そうですね。山本浩二さんにしても、キヌさん(衣笠祥雄)にしても。

高橋 水谷(実雄)さんもそうやな。

正田 試合前にロッカーでグラブを磨いていたら、先輩に叩かれたことがありました。「おまえ、先輩が話しかけてるのに返事をせんか!」って。いや、聞こえてないし......(笑)。ロッカーでいつも誰かケンカしてましたよね。

高橋 俺は小早川(毅彦)を叩いたしな(笑)。水飲みすぎて太る体質なのに、隠れてコーラ飲みよったから。でも、みんなそうやったよな。こいつは俺に飛び蹴りを食らったし(1988年)。

正田 (笑)