2021.08.06

「時には厳しいことも」。ロッテ主将・中村奨吾が期待の若手にかけた言葉

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Sankei Visual

――マリーンズの投手陣ではプロ2年目の佐々木朗希投手、野手では3年目の藤原恭大選手、4年目の安田尚憲選手らが重要な役割を担っています。若い選手に対して、どんな接し方をしていますか?

「キャプテンとして意識することはありません。ただ、一緒に内野を守る安田には気づいたことを言うようにしています。4番がチャンスで打てなくて下を向いていたらチームの士気が下がるから、時には厳しいことも。

 藤原にしても、若いからミスもあるんですが、それを恐れていては自分の持ち味を消してしまうことになるので『失敗を恐れるな』と言っています。ミスをした直後に言うこともありますし、試合後にロッカーでということもありますね。その選手の表情を見ながら、性格を考えて、自分なりに話すようにしています」

――中村選手が若い時、先輩たちから、どんなことを言われましたか?

「3年目くらいまでは失敗ばかりで、結果を残せませんでした。そんな時には多くの先輩が声をかけてくれて、『失敗しても思い切ってやったほうがいい』と言われたことをよく覚えています」

――5月には佐々木朗希投手がプロ初勝利を挙げました。

「彼はピッチャーなので普段はあまり話をする機会がなくて、マウンドに集まった時に、『ここはしっかり踏ん張れ』と言うくらい。ピッチャー同士の会話を聞いていると、けっこうしゃべるのが好きそうに見えますね(笑)。今、一軍でいろいろな経験をして、さまざまなことを吸収しているところだと思います」