2021.07.29

稲葉ジャパン、ドミニカ戦での改善点。「継投、選手起用、作戦に反省すべき点が出た」

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by JMPA

── 村上選手のライト前タイムリーで1点差となり、なおも一、三塁の場面で三塁走者の近藤健介選手に代えて、源田壮亮選手を代走に送りました。

「村上のタイムリーの前、代打・近藤がライト前安打を放って一、二塁としたところで一塁走者を源田に代えておくべきでした。外野の間を抜ければ一気にホームインの可能性もありますし、相手にもプレッシャーをかけることができる」

── 走塁といえば、8回一死から吉田正尚選手のレフト前ヒットで、二塁走者の山田哲人選手が本塁に突入してアウトになりました。

「走塁を含め、作戦面でも改善点が出た試合でした。8回は先頭の山田が出塁して2番の坂本(勇人)に送りバントをさせましたが、相手投手のホセ・ディアスはクイックが1.45〜1.6秒もかかっており、盗塁を仕掛けても面白かったと思います。短期決戦ではこうしたプレーで流れは一気に変わります。選手と監督、コーチが気を引き締めて、次戦以降はスキのない野球をしていくことが必要になってきます」

── 打線では右脇腹痛で心配された柳田選手が7回にレフトオーバーの二塁打を放ちました。ケガの状態は問題なさそうですか。

「逆方向にあれだけ飛ばせたし、問題ないと思います。強引に引っ張る場面もありましたけど、彼のスイングはできていたので大丈夫でしょう」

── 柳田選手は6番で起用されましたが、次戦は(打順を)上げてもいいですか。

「3番か5番でもいいと思います。僕は2番でもいいと思っていたくらいなので......。現状、山田、坂本の1、2番でいいと思いますけど、9番は菊池(涼介)がいいのではないでしょうか」

── ドミニカ戦では甲斐選手が9番でした。

「甲斐が塁に出て、山田が続いたとしても、その形ではダブルスチールなど足が使えません。9番に菊池、1番に山田、あるいは坂本を入れたほうがつながりはいい。そのほうが作戦の選択肢も増えるはずです」