2021.06.25

ラミレスがセ・パのCS進出チームを予想。各球団の戦力も分析、好調なあのチームの弱点とは?

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

【セ、パともに「2強」が圧倒的強さを誇る】

――そうなると、ラミレスさんの予想としては、セ・リーグが阪神、巨人、中日、パ・リーグが楽天、ソフトバンク、そしてロッテがAクラス入り。クライマックスシリーズ進出チームになりそうという感じでしょうか?

ラミレス そうですね。セ・リーグでいえば、高津臣吾監督が率いるヤクルトが開幕からずっと好調をキープしています。高津監督のマネジメントはすごく実を結んでいるとは思うけど、中日と比べると投手力が弱い。そして、先ほどから何度も言っているようにクローザーが重要になる中で、石山泰稚が本調子でない点が不安です。なので「Aクラス入りは難しいかな?」というのが、私の判断ですね。

――セ・リーグは阪神、巨人の2強は揺るぎないですか?

ラミレス 阪神の強さは先ほど言ったとおりですけど、巨人の底力はやはりかなり強力です。坂本勇人も復帰したし、交流戦での低迷をすぐに払拭して、気がつけばいつもの「強いジャイアンツ」に戻っていると思います。この2チームに関しては何も心配することはないんじゃないのかな?

――そしてパ・リーグは楽天とソフトバンクが2強であると。

ラミレス そうですね。ソフトバンクに関しては、外国人選手がきちんと揃うこと。そもそも、地力があって、選手層が厚いこと。こうした理由から優勝争いをするのは間違いない。一方の楽天は田中将大が本調子ではないけれど、ルーキーの早川隆久が文句のない活躍を見せているし、則本昂大、涌井秀章、岸孝之と実績のある先発投手陣がしっかりしていて、瀧中瞭太も着実に白星を積み重ねています。抑えに関しても、宋家豪と松井裕樹が盤石な内容のピッチングをしていますね。

―― 一方、セ・リーグでは広島、パ・リーグでは日本ハムが厳しい状況が続いています。

ラミレス 交流戦10位の日本ハム、12位の広島は苦戦が続いています。特に広島は新型コロナウイルスの影響もあって大量の離脱者が出ましたが、なんとか巻き返しを図ってほしいですね。

関連記事