2021.05.31

巨人3年目のドラ1左腕が本格化。恩師が語るハーラートップ快走の理由

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Koike Yoshihiro

 技巧派サウスポーとして鳴らした正村監督の見立てである。

「スカウトの人に会うと、みんな『高橋くんすごいね』って言ってくれるんですよ」

 その口ぶりだけで、うれしさが伝わってくる。
 
「スカウトの方に『打線に助けてもらっているだけですから』って言うと、『プロは1勝するだけでも大変なんですから』と返されるわけですよ。そういうのを聞くと、ここまですでに6勝している高橋は本当にすごいんだなって、あらためて思いましたよね。

 あいつのピッチングを見て感じるのは、プロって真っすぐ以外で打者に意識させるボールがないとダメですね。高橋の場合はそれがチェンジアップなんですけど、そのボールをしっかり意識させることができているから、ストレート勝負ができる。もし意識させるボールがなかったら、ストレートを狙われてメッタ打ちされていますよ」

 厳しいながらも優しい眼差しで教え子を見守る正村監督。こんな"恩師"がいて、高橋はつくづく幸せ者だと思う。そんな恩師の期待に応えるには、このまま勝ち続けるしかない。

関連記事