2021.05.28

ラミレスが苦しむ「三浦ベイスターズ」に緊急提言。スモールベースボールを捨てるべし

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

【復調のポイントは神里和毅と牧秀悟の起用法】

――現状は桑原将志選手が「1番・センター」でスタメン出場する機会が多いですね。

ラミレス もちろん、桑原もいい選手です。ただ、神里のポテンシャルを考えると、もっとチャンスを与えてもいいという気がします。神里がすんなり1番打者として活躍すれば、チーム状況はもっとよくなるはずです。

――監督として、「勝敗」には絶対にこだわらなければならない。一方で、将来を見据えた「育成」もおろそかにはできない。相反するふたつの結果が求められると思います。

ラミレス 監督になったばかりでいきなり両方を求めるのは大変なことだから、まずは「勝敗」を求めていいと思います。そのためには数字をきちんと分析して、結果が出ていない点はテコ入れをしなくてはいけません。

――現状、テコ入れをするとしたらどの辺りでしょうか?

ラミレス まず気になるのは牧(秀悟)の起用法ですね。現在は6番、7番を打つこともありますが、開幕当初は3番で、徐々に5番での起用が増えました。開幕以来ずっと頑張っていたけど、クリーンアップでルーキーに大きなプレッシャーをかけるよりは、もっと気楽に打たせたほうがいい。僕なら、牧を2番にします。3番にオースティンがいれば、牧に対してストライク先行になるから、プレッシャーなく打てると思います。

――今までのお話だと、「1番・神里、2番・牧、3番・オースティン」が理想のオーダーなんですね。4番は当然、佐野恵太選手ですか?

ラミレス もちろん。巨人・岡本和真、ヤクルト・村上宗隆のように、佐野にはそれだけの実力がありますから。で、5番に宮﨑(敏郎)、6番・ソト、7番・戸柱、8番はショートで、大和か倉本(寿彦)が理想です。