2021.05.27

ヤクルト高津臣吾監督を八重樫幸雄が分析。「ノムさんを反面教師にしている」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

――逆に、不安点はなかったですか?

八重樫 不安というか、ちょっと心配したのは「選手たちに対して、きちんと言うべきことを言えるかどうか」ということでした。でも、彼が二軍監督だった頃のコメントを読んだことがあるんですけど、それによると「今の若い選手には怒らない」って書いてあったんですよ。その理由は、「今の子たちは怒ったら、ふてくされるか、弱気になるから」って書いてあって、だから「諭すように教えたい」とのことでした。それは、僕が二軍監督だった頃に、いつも気をつけていたことだったんです。

――高津さんも、八重樫さんも二軍監督経験者ですが、二軍での指導方針も似ているということなんですね。

八重樫 自分と同じ考えだということを知って嬉しかったですね。技術的なことは担当コーチに任せて厳しく指導してもらう。でも、監督である自分はそこから一歩距離を置いて、静かに見守る。そういうことができる監督なら、臣吾は大丈夫ですよ。

【監督になっても、現役時代の「切り替え力」を発揮】

――まさに、大絶賛ですね(笑)。新型コロナウイルス騒動に揺れた昨シーズン。就任一年目となった高津ヤクルトは最下位に終わりました。昨年の戦いをどう振り返りますか?

八重樫 去年は、誰も経験したことのない未曽有のシーズンだったので、監督一年目としてはかわいそうでした。そういう意味では、今年が実質一年目だと見ていいんじゃないのかな? 負けていても、きちんと切り替えている姿が印象的ですね。その点もまた彼ならではの「切り替え力」と言えるんじゃないのかな。

――ベンチ内の高津監督の姿は、現役時代と違いますか?

八重樫 当然、選手時代よりも、さらに喜怒哀楽を出さないように意識している感じはあります。僕が注目していたのは、チームがどん底状態にある時に、選手たちにどんな言葉をかけるのか? そして、どういう態度を取るのか? このあたりに注目していたけど、ベンチ内でも感情を表に出さないように意識しているように見えますね。