2021.05.27

ラミレスが考えた「巨人のベストオーダー」。悩める井納翔一のトリセツも明かした

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

――従来までのように「2番は何でもできる小技の上手な選手を」という考えではなく、近年では一発長打のある打者を並べる「2番最強説」も多く聞かれます。この点について、ラミレスさんはどうお考えですか?

ラミレス「2番最強説」はすごく理にかなった考えだと思います。たとえば、バントが上手で小技もうまいけど、打率が1割台、2割台前半程度の打者を2番に置いた場合、1番打者が塁に出れば確かにいろいろなことができるけど、もし1番がアウトになってしまったら、自動的にツーアウトになってしまう可能性がとても高い。これは相手からすれば、とてもラクな打順となります。

【現状のジャイアンツベストオーダー発表!】

――実際に、ラミレス監督時代のDeNAも2番に一発を打てる打者を配することが多かったですよね。

ラミレス そうですね。僕もソトを2番にしたり、筒香(嘉智)や宮﨑(敏郎)を2番にしたりしました。ソトを2番にした時には、周りの人たちが「えっ!」って、すごく驚いた顔をしていたことを覚えていますよ(笑)。

 でも、ソトはホームラン王を獲る活躍を見せて、打線につながりを持たせてくれました。今年はソフトバンクの柳田(悠岐)も2番で起用されることが多いですし、「2番は送りバント」というのは昔の考え方だと思いますね。

――さて、巨人のクリーンアップはどう考えますか?

ラミレス 3番・丸佳浩、4番・岡本和真、5番・スモーク。この並びが理想的だと思います。特に4番の岡本は絶対に動かせません。ここ数年の彼の活躍ぶりは、本当に目覚ましいものがありますから。