2021.04.15

八重樫幸雄が許せなかったエースの暴言を初告白。「なんであんなサインを出すんだ」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

【現在の一流投手に負けないほどの驚異的なスピン量】

――松岡さんは引退されるまで、ずっとスリムな体形で速球派としてならしました。実際にボールは速かったんですか?

八重樫 速かったですね。当時はスピードガンがなかったけど、全力で放る時は150キロは超えていましたよ。それよりも、松岡さんの場合は他のピッチャーと比べて、回転数が全然違う。いわゆるスピンが利いているというのか、だからこそキレがいいんです。

――当時、トラックマンがあったら、松岡さんの回転数、回転軸を計測してみたかったですね。

八重樫 今の一流エースピッチャーと比べても、遜色はなかったんじゃないかな? 回転のいいボールは、キャッチャーとしてはすごく捕りづらく、バッターとしては打ちづらいということ。

――松岡さんの球種は何だったんですか?

八重樫 真っ直ぐ主体で、カーブ、スライダー、後はシュートですね。ただ、1970年代半ばぐらいまでは変化球のコントロールに自信がなかったようで、大体、真っ直ぐ中心の組み立てでした。

――松岡さんの場合、基本的には同じく「昭和22年組」の大矢明彦さんとバッテリーを組むことが多かったですよね。

八重樫 そうですね。普段は大矢さんと組んでいるから、僕からしたら話もできないくらいの大エースという印象が強かった。当時は、年齢が1歳違うだけでも先輩と話をするのは緊張しましたし、ましてやチームのエースでしたから。もちろん何度もバッテリーを組みましたけど、ある時に「あの出来事」が起こったんですよ。