2021.04.01

大学の野球部退部→アメフト部→畳職人→NPB。元日本ハム投手が歩んだ奇妙な野球人生

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Sankei Visual

「自営業なので、時間は自分でつくれましたから。とにかく毎日走ろうと決めて、雪の上でも走っていました。ウエイトトレーニングは公共施設でやって、投球練習はネットスロー。自宅でもやれることをやっていました」

 しかし、なかなか成果は表れなかった。高い障壁になったのは、都市対抗予選で対戦する企業チームの雄・JR東日本東北だった。そこには、のちにプロ入りして最多勝利のタイトルを獲得する大投手がいた。

「攝津(正/元・ソフトバンク)と投げ合う機会が多かったんですけど、コントロールがよくて、テンポもよくて、歯が立たなかったです。彼の『プロに行きたい』という強い思いも伝わってきましたね」

 クラブチームでの最初の2年間は思うような結果が出ず、補強選手に選ばれることもなかった。それでも野球を続けたのは、中村のなかに「だんだん内容はよくなってきている」という手応えが芽生えたからだ。

 迎えた3年目、中村を擁する三菱製紙八戸クラブは都市対抗東北二次予選で秋田の企業チーム・TDKと対戦する。試合は0対2で敗れたものの、中村はアピールするには十分の好投を見せた。

 この試合後、中村は関係者を通じて意外なことを知らされる。

「日本ハムのスカウトが、おまえに注目しているみたいだぞ」

 TDKの選手目当てで視察に訪れた日本ハムのスカウトに、中村の投球が目に留まったのだ。中村は「道が拓けてきたな」と胸を躍らせた。

後編につづく/文中敬称略)

関連記事