2021.03.25

解説者5人のセ・リーグ順位予想。ルーキー佐藤輝明の加入で戦力UPの阪神は何位?

  • 長谷川晶一、スポルティーバ●文 text by Hasegawa Shoichi,Sportiva
  • photo by Koike Yoshihiro

◎鈴木尚広氏

1位 巨人
2位 阪神
3位 中日
4位 DeNA
5位 広島
6位 ヤクルト

 セ・リーグ2連覇中の巨人ですが、オフに梶谷隆幸と井納翔一を獲得するなど、貪欲にチーム力の底上げをしています。厚みが加わったことでチーム内の競争が激しくなり、選手たちに緊張感が生まれている。そのあたり、さすが原(辰徳)監督だと思いました。

 強いて不安を挙げるとすれば投手陣かなと。戸郷翔征がどこまでやるのかという期待はありますが、3年目の彼にそこまで背負わせるのは酷かなと......やはり、井納や今村信貴あたりがしっかり貯金をつくることが大事になってくると思います。

 その巨人の対抗馬となるのは阪神です。若い選手が育っているなという印象がありますし、ルーキーの佐藤輝明の存在は大きい。もともと投手力のいいチームでしたが、佐藤が加わったことで打線も期待できる。あとは課題の守備力がどこまで改善されているか。戦力的には巨人と大差はないと思っています。今シーズンのセ・リーグは巨人と阪神を中心に展開されるような気がしています。

 3位以降は混戦でしょうね。どのチームもやや決め手に欠きますし、現時点で不確定要素が多いのかなと......。中日はやはり大野雄大の存在が大きいですね。絶対的なエースがいれば、大型連敗が避けられる。これはシーズンを戦ううえで大きな武器ですし、昨年3位になったことも選手には自信になっているのかなと思い、この順位にしました。

 DeNAは戦力が揃えば楽しみなチームなのですが、来日していない外国人選手に加え、今永昇太がケガで出遅れ、山崎康晃もまだ本調子ではない。マイナス要素が大きすぎます。言い換えれば、若手にとってはチャンスなわけで、新しい戦力が出てくれば面白い戦いができると思います。

 広島は、3連覇した頃の粘り強い野球がどこまで復活できるか。投打とも底上げが必要ですし、新戦力が出てきてくれないと厳しいかなと思います。ただ、栗林良吏、森浦大輔、大道温貴のルーキー3人は即戦力の期待が高く、彼らがうまく機能すれば上位を狙えるだけの力はあると思います。個人的にはチョーさん(長野久義)に頑張ってもらいたいですね(笑)。

 6位にはしましたが、ヤクルト打線の破壊力はリーグ屈指です。内川聖一が入ったことで、村上宗隆の負担も軽減できるでしょうし、山田哲人、青木宣親と経験力のある打者がいることも大きい。あとは投手陣がどこまで踏ん張れるかでしょうね。