2021.03.25

解説者5人のパ・リーグ 順位予想。各球団のキーマンや心配点もズバッとわかる

  • 長谷川晶一、スポルティーバ●文 text by Hasegawa Shoichi,Sportiva
  • photo by Koike Yoshihiro

◎内竜也氏

1位 ソフトバンク
2位 楽天
3位 西武
4位 オリックス
5位 ロッテ
6位 日本ハム

 パ・リーグはソフトバンクと楽天の優勝争いになるのではないかと思います。この2チームは投打のバランスがよく、大型連勝できる力を秘めている。シーズンに入ると、まずは連敗しないことが最重要ですが、連勝できる力のあるチームが優勝に絡んでくると思います。

 ソフトバンクと楽天を比較した時に、投手力については互角だと思うのですが、攻撃力と選手層の厚さでこの順位にしました。ただ、シーズンは予測不能なことがいっぱい起きますので、順位が逆転する可能性は大いにある。いずれにしても、シーズン終盤までもつれるような気がします。

 この2チームに続くのが西武。昨年、森友哉が不振に陥り、山川穂高もケガで戦線離脱。それでもシーズン終盤まで上位争いを繰り広げましたし、あらためて西武の底力を見せつけられました。

 オリックスはピッチャーが充実しています。山本由伸、山岡泰輔、田嶋大樹に高卒2年目の宮城大弥と先発陣は豊富ですし、なにより平野佳寿さんが戻ってきたのは大きい。ブランドン・ディクソンがいつ来日するのかは不透明ですが、彼は先発もリリーフもできる。ディクソンの起用法にも注目ですね。

 ロッテは期待を込めて、あえてこの順位にしました。昨年2位に入るなど、快進撃を見せましたが、個人的には開幕2カード目でオリックスに6連勝したことが大きいと思っています。あそこで一気に貯金できたことが、その後の戦いに余裕をもたらした。今年は真価が問われるシーズンになると思います。

 日本ハムは選手層という部分で苦戦しそうな気がします。前評判が低いほどいい戦いをするチームですので、栗山英樹監督の手腕に期待したいところです。