2021.03.25

真中満のパ優勝予想はズバリ楽天。根拠は田中将大ら投手陣だけではない

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • 五十嵐和博●撮影 photo by Kazuhiro Igarashi, Kyodo News

【「3番・浅村栄斗」をおススメしたい】

ーー盤石の投手陣に対して、攻撃陣はどのようにご覧になっていますか?

真中
 打線もすごくいいと思いますよ。軸になるのはやっぱり、浅村(栄斗)ですね。彼を3番に置くか、4番にするか、石井監督も迷うところだと思うけど、僕は絶対に「3番浅村」がいいと思いますね。

ーーその根拠は?

真中 パ・リーグはDHがあるからですよ。セ・リーグの場合は9番にピッチャーが入ることが多いから、どうしてもここで一度打線が切れてしまう。でも、パ・リーグの場合はそれがほとんどない。下位打線で作ったチャンスをビックチャンスにするには、上位にいいバッターを置いた方がいいと思うんです。昨年の三木肇監督はシーズン終盤に、浅村を3番に起きました。広島では鈴木誠也を3番で起用した。これは大幅な得点力アップを狙った意図のある打順でしたね。

ーー石井監督が浅村選手を何番で起用するのか、注目ですね。

真中
 3番に浅村を置くと、2番の送りバントも減ると思うんです。たとえば、ノーアウト一塁で2番がバントして、ワンアウト二塁になったら、3番の浅村は歩かされる可能性が高くなる。だから、2番にはバントをさせない。そういう野球が展開されるんです。そうすればビッグイニングも期待できる。楽天の場合は小深田(大翔)、茂木(栄五郎)、鈴木(大地)、銀次、島内(宏明)と巧打者がそろっていますからね。